仕事に疲れたから病院に行った話

こんにちは。

私は、仕事に疲れて、仕事を辞めようと思い、病院に行ったところ「適応障害」と診断されました。

それからは即日休職となり、しばらく会社を休むことになりました。

その時のことを書いておこうと思います。

仕事に疲れたら病院に行くべき

仕事に疲れたら病院に行くべきです。そうしないと、大変なことになると思います。病院に行くことは逃げかもしれませんが、逃げないといけないときもあるかもしれません。

逃げることが良いことか、まだ私にはわかりませんが、逃げるに至った経緯を書いておこうと思います。

仕事を辞めようと思った

どんな仕事をしているか

私は、金融機関でシステムエンジニアをしています。

簡単に言うと、預金や為替、融資といったシステムのプログラム開発をしています。

仕事を辞めようと思った理由

この会社を選んだ理由はたくさんあります。
今でも良い会社だと思います。

しかし、それ以上に嫌な部分がたくさんあります。
それは、

  • プログラミング言語が古く、開発が楽しくない
  • 先輩の開発スキルが低い
  • 研修制度が多すぎる
  • 研修の目的が分からない(私が理解できていないだけかも)
  • 全体的に効率が悪い
  • 効率を良くしようと上司はするが、その方法が意味不明
  • 個人の能力の評価が無い(評価はあるが意味をなしていない)
  • 労働環境が悪い
  • 椅子が悪い
  • パソコンが使いづらい
  • 電話の数が足りてない
  • サービス残業をしている部署がある
  • 上司がプライベートに口を出す

書ききれないですが、書いてみると思っていた以上に嫌な部分が多かったです。

この中で特にストレスが溜まることを、いくつかピックアップしてみます。

先輩の開発スキルが低い

もちろん先輩のほうが知識は多いです。私が知らないことを多く知っています。

しかし、プログラミングスキルに限って言うと、レベルが低いです。

知識は、その部署にいれば自然と身に付きます。それと同様に、プログラミングスキルも身についていくはずです。しかし、なぜかレベルが低いです。

これは、先輩1人に限った話ではないです。全体的な話です。

さらに、先輩の設計が悪いときに、改善点を提示しても受け入れられません。悪い方法で進めようとしてきます。それを、下流工程にいる私が引き継がないといけません。

エンジニアとして、とてもストレスが溜まります。

効率が悪い

部下の効率を上げるよう、上司は対策を考えます。しかし、その対策が良いものとは言えないです。

例えば、残業時間を減らそうとします。そのために、残業時間の申請を今までの夕方1回から、朝夕の2回に増やしました。しかも、夕方の残業申請はシステム上で行いますが、朝の残業申請は紙での申請です。

さらに、朝の残業申請と、実際の残業時間が異なれば、翌日、その理由を申告しないといけません。

これに何の意味があるのでしょう。
もともとは、上司が朝のうちに、部下の残業予定を把握したかったのでしょう。

しかし、そのうち私は、翌日の差異報告が面倒になり、残業時間を申告時間と同じになるようにしました。仕事が終わってなくても途中で帰りますし、仕事が終わっていたら、その時間になるまでダラダラします。

さらに、それも面倒になると、残業時間をごまかすようになりました。

こうなることは、予想できたはずです。結局、残業時間は減ってませんし、ただ労力が増え効率が落ちただけです。

気まぐれの上司の施策にストレスが溜まりました。

研修が多く、研修に真面目すぎる

研修のためには、仕事を遅らせてもいいくらい、研修を大切にしている会社です。

私は、研修のために、目標を立てる必要がありました。私の目標の立て方が下手すぎるせいもあります。上司との懇談を1週間続けました。

目標を立て、上司に修正され、目標を直し、上司に修正され・・・

これを1週間続けました。

そして、病院に行きました。

病院に行った

病院には、最初は行こうとは思っていませんでした。

「もう仕事辞めよう」

「辞める前に病院でも行って、少しでも楽にしてもらおう」

くらいの軽い気持ちで病院に行きました。

病院に行こうと思ったのは、日曜日の深夜で、翌日(数時間後)に病院に行きました。

心療内科に行ったら、「適応障害」と言われました。

「適応障害」は、ストレスの原因が分かっていて、その環境から離れれば自然と良くなるそうです。

私自身、仕事がストレスと思っていて、仕事を辞めれば良くなると分かっていたため、「やはり、そうか」といった感じでした。

そして、診断書をもらい、翌日から休職となりました。

休職になった

3か月の休職期間をもらいました。

これを書いている現在も休職期間中です。

この出来事を忘れないように、ブログに書きました。

会社に恨みとかはありません。とてもいい会社だと思います。ただ、ちょっといろんなことが重なってしまって、こういったことになったのだと思います。

もう少し、他のことも愚痴としてブログに書いていこうと思います。

それから・・・

まだ、何もありません。これからどうなるか・・・

なんとか頑張っていきたいと思います。