印象が良い学生の話し方(これができてないと印象が悪い)

就活が始まると、会社の社員と話すことが増えると思います。

その時に大切(一番大切といっても良い)なのが、印象です。

印象は良いほうがいいのは、言うまでもありません。逆に印象が悪いと、相手に不快な思いをさせてしまったり、あまり良いことはないです。

では、どうすれば印象が良くなるのでしょう。
私の経験から、印象がよくなる方法をまとめました。そんなに難しいことではないので、誰でもできると思います。

というよりも、できている人のほうが多いかもしれません。なので、これができない人は印象が悪くなります

印象が良い学生の話し方

簡単に書きます。以下のことができていれば印象が良いです。

  • 明るい
  • クッション言葉が使える
  • 話し手が笑ったら笑う

明るい

シンプルに明るい学生は印象が良いです。

ただ、「明るい」と「チャラい」は違います。

まじめな人でも、はきはきと話していれば、明るい印象になります
もともと明るい人でも、マナーが悪ければ「チャラい」学生と思われてしまいます。

マナーを守りつつ、はきはきと話すことを心がけましょう。

クッション言葉を使える

クッション言葉ってご存知ですか?

  • 申し訳ないのですが
  • 恐れ入りますが

といった、相手に申し訳ないときに最初に言う言葉です。

ここまで丁寧な言葉は必要ありません。

「すみませんが」

で十分です。
ですが、あるのとないのとでは、だいぶ違いますので、使えるようにしましょう。

曖昧な説明になってしまいましたが、具体的な例は

ここに書いてあります。
こういうときにクッション言葉がないと印象が悪くなるのか、ということが書いてありますので、良かったら読んでください。

話し手が笑ったら笑う

話し手(相手)が笑ったら一緒に笑ってください。

こんなこと、言われなくても分かるし、普段からできてるよ!

と思うかもしれません。しかし、できていない人が結構います。しかも、目立ちます

おそらく、緊張していたり、質問や回答を考えていたりするのでしょう。心の余裕がないと真顔になってしまいます

基本的なコミュニケーションですが、会社説明会、面接といった緊張する場面では、意外とできないものです。

ぜひ、できているのか、意識してみてください

まとめ

面接で使える、印象が良くなる方法をご紹介しました。

印象は本当に大切です。
この記事の内容は低レベルですが、基本的なコミュニケーションです。しかも、できていない人が意外に多いです。

ぜひ、あなたもちゃんとできているのか、見直してみてください。