面接で「他に受けている企業」を聞かれたときは?

面接で、

「他に受けている企業を教えてください」

と聞かれるときがあると思います。

そんなとき、どう答えますか?

私なりの良い答え方をまとめました。

「他に受けている企業」の答え方

質問の意図

まず、なぜこの質問をされるのか、考えてみましょう。

正直よくわかりません。
この質問で、何を得られるのか良く分かりません。

というのも、この質問に対して、ほとんどのみなさんは
『競合他社』
を答えると思います。

『全然関係ない会社』を答える人なんていませんよね?

なので、だいたい誰からも同じような回答が返ってくると思います。正直、この質問の意図が分かりません。でも、一応、考えられるものとして、

  • 学生の志望職種・業種に一貫性があるか
    • 一貫性がある ⇒ どうして当社が良いのか
    • 一貫性がない ⇒ どうして一貫性がないのか
  • 当社へ志望する学生が他にどんな企業に興味があるか(採用に無関係)

といった感じですかね。
ですので、基本的に『競合他社』を答えておけば良いと思います。

似た職種・業種を受けている場合

志望職種・業種に一貫性がある場合(例:SEだけ受けている、営業職のみ受けている、メーカーのみ受けている)、『競合他社』を答えておけばよいでしょう。

『競合他社』というより、同じ職種・業種の企業を答えておけば良いと思います。

実際に受けている・受けていないは関係ないです。適当でいいです。

その時、気をつけることは、
志望動機として、「他社との差異」を言えることです。

すなわち、
「他にも同じ職種の企業を受けているみたいだけど、どうして当社がいいの?」
という質問に対して、しっかりとした理由を持って答えられなければなりません。

これが答えられれば、
「他に受けている企業は?」
という質問は終わると思います。そんなに深堀りはされないと思います。

職種・業種がバラバラの場合

志望職種・業種に一貫性がない場合(例:福利厚生がよい会社だけ受けている、県内の企業を適当に受けている)、質問に答えづらいかと思います。

その場合でも、「似た職種・業種」の企業を答えてしまえばよいです。今は受けてなくてもこれから受ける予定かもしれませんし、この質問でそんなに深堀りされないと思うので、軽く答えて大丈夫だと思います。

もし、嘘がつけなくて、
「他に受けている企業は?」の質問に対して、
『全然関係ない会社(実際に受けている会社)』を答えるなら、
「本当に当社にはいりたいの?」といった質問が来ると思います。

具体的には、
「当社と全然違う会社だけど、本当に営業をやりたいの?商社よりメーカーがいいの?」
といった質問をされると思います。

ですので、これに対して、しっかりと答えられるようにしておいたほうがいいと思います。

それでも、やっぱり、説得力が落ちるので、
職種・業種に一貫性がある企業を答えるほうがベター
だと思います。

まとめ

「他に受けている企業は?」の質問に対する答え方をまとめました。

やはり、基本的には
『似た職種・業種の企業を答える』のが良いと思います。

そして、『面接中の企業と他に受けている企業の差』を言えるようにしておきましょう。